< オーダーカーテン >

オーダーカーテン

▼ サムネイル画像をクリックすると拡大表示します。

  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン
  • オーダーカーテン

< 手織絨毯 >

いまだ解明されていない手織絨毯の起源。一説には、約3000年前、遊牧民の生活から生まれたといわれています。彼らは羊を飼い、その羊毛で敷物やラクダや馬につける鞍の被い、厳しい寒さをしのぐための毛布など、様々な生活用品を織っていました。やがて織物はシルクロードを通じて各地へ伝わり、それぞれの文化の中で花開いていったのです。そして7世紀以降、手織り絨毯はイスラム文化の発展とともに芸術性が高まり、美術工芸品として注目されるようになりました。 ペルシア絨毯についてはコチラ

絨毯展示場
イスファハン

イスファハン

約2600年の歴史を誇るオアシス都市イスファハン。サファビ王の手厚い保護の下に育まれた技術は、最高級のペルシア絨毯として賞賛されています。繊細な色調、精巧な織り、そして伝統的なデザイン、その全てが絨毯の最高峰たる気品を漂わせています。
タブリーズ

タブリーズ

かつてはヨーロッパ文化の窓口として栄えたオアシスの小都市タブリーズは、絨毯の原料となるペルシア羊の最大の産地としても有名です。この地の絨毯はコーカサス風の幾何学模様で知られ、動植物をアレンジしたデザインのものが多く見られます。
ケルマン

ケルマン

標高1860m、イラン東南部の砂漠にある高原の町で、フランス風の花模様の絨毯が多く、地色に濃紺、クリーム色を使ったパステル調の色彩で人気があります。
ギャッベ

ギャッベ

素朴な意匠とダイナミックな色調。この絨毯には他のペルシア絨毯にはない魅力があります。ペルシア南部のザクロス山脈のふもとで暮らす遊牧民の織る毛足の長い絨毯には、彼らが共存する自然の温かさと優しさが織りこまれています。