オークラ家具のオススメ情報

ご購入された家具のお手入れについて

お手入れ方法

お手入れというと、面倒なことのように感じますが、ちょっとした気づかいで家具はとても長持ちします。思いやりの気持ちをもって、共に暮らしてください。

 

 家具のお取り扱いの基本

  • 家具は必ず水平に設置してください。
  • 高温多湿のところでの設置はお避けください。カビやダニの発生及び木部の反り、ワレの原因になります。
  • 直射日光の当たるところや、冷暖房器具の吹き出し風の当たるところ、器具の近くへの設置はお避けください。変色、変形、木部の反り、ワレの原因になります。
  • 定期的に金具のゆるみを点検してください。
    キャスターや取付金物等の固定用ねじ類がゆるんでいないか時々点検し、ゆるみはじめたらしっかり締め直してください。ゆるんだままご使用になると修理ができない状態になったり、家具が壊れて怪我をする恐れがあります。

 日常の注意点

水分のあるものは直接置かない

輪染みの原因となります。オイル仕上げの場合は必ずコースター等をご利用ください。ポリウレタン樹脂塗装も長時間の放置はお控えください。

 

 

熱いものは直接置かない

コゲの原因となります。必ず鍋敷き等をご利用いただき、直接置かないでください。

 

 

 

オイル仕上げのメンテナンス

オイル仕上げの場合、定期的なメンテナンスが必要です。別売りのオイルフィニッシュメンテナンスキットにてお手入れができます。

 

 

 

 普段のお手入れ

汚れたら

柔らかい布で乾拭き、または、水で濡らし固く絞った布で拭いてください。化学ぞうきんや消しゴムはキズの原因や、ツヤ・くもりが出る可能性があるので使用しないでください。

 

 

ソースなどをこぼしたら

水で濡らし固く絞った布で、すぐに汚れを拭き取ってください。

 

 

 

油や手垢など、しつこい汚れには

中性洗剤をぬるま湯で100倍程度に薄め布を浸し、固く絞ってから拭き取ってください。その後洗剤分を拭き取り、乾拭きしてください。シンナーや消しゴム、化学ぞうきんはツヤやくもりが出る可能性があるので使用しないでください。

 

 

クッション

普段のお手入れは、掃除機でゴミやほこりを吸い取ったり、柔らかいブラシでブラッシングしてください。ゴミやホコリをこまめに取ることがきれいさを保つコツです。
汚れた場合は、すぐに中性洗剤をお湯で薄めて固く絞った布で表面をたたくようにして落とし、固く絞った蒸した布で洗剤分を拭き取り、乾いた布で乾拭きしてください。

 

カバーリング商品

カバーリング仕様の商品は、カバーのみを取り外して簡単にお手入れができます。張り布によってはご家庭でのお洗濯、またはクリーニングが可能です。商品に付いている洗濯タグをご確認ください。

 

 

よくある質問

■引き出しがかたくなって開けられません。対処方法は?

湿度が高くなると、木がふくらんで 引き出しがかたくなり開けられない時があります。そのような場合は、風通しの良い日陰で 根気よく乾燥させてください。引き出し本体の側面と底面にとロウソクや シリコンを塗って、滑りやすくするのもひとつの方法です。

 

■折れ・割れ・キズが発生しました。修理したい場合は?

折れ・割れ・キズが発生した場合は、メーカーさんまたはお近くの家具店さんへ相談ください。

■羽毛クッションのお手入れ方法は?

羽毛クッションはリッチでふんわりとした自然な表情と独特の座りごこちがありますが、何度も座っていると羽毛が偏り、いびつな形になることがあります。その様な場合や、カバーを掛け替えたあとは下記の手順でフォーミングを行ってください。

【フォーミング】

  1. ボリュームの少ない方を下にして、軽くとんとんと下に落として、偏りを直す。
  2. 手で両側から、ぱんぱんとたたいてでこぼこを直す。

【濡れてしまったとき】

できるだけ早くカバーから取り出し、天日の下か布団乾燥機でフェザーが固まらないようにときどき手でほぐしながら乾かしてください。濡れたまま放置すると、フェザーが固まってふくらみがなくなったりフェザーが腐ることがあります。

【においが気になるとき】

購入時・梅雨・夏場の時期は若干においが出る場合がありますが、使用期間に応じてほとんど気にならなくなります。万が一、においが気になったら、夏場はカバーから取り出して天日の下で一日干すことをおすすめします。梅雨時期の場合は、大きめの箱または布団袋に入れて、布団乾燥機の高温で約3~6時間乾燥させてください。

【ご注意】

暖房機・アイロン・ドライヤーなどの熱で急激に乾燥させるのは絶対におやめください。フェザーが傷んで性能が低下するおそれがあります。

 

■本革・オイルアップレザーのお手入れ方法は?

普段のお手入れ

ご購入後、最初に汚れから保護することが大切です。普段は、柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。
また専用クリーナー等のメンテナンスキットにて定期的なお手入れをされることをおすすめします。
詳しく知りたい場合はメーカーさんまたはお近くの販売店さんへ相談ください。

【ご注意】

靴用クリームやベンジンなどの薬品はお使いにならないでください

■ウレタン塗装・ラッカー塗装のお手入れ方法は?

【小さなキズの場合】

打ちキズや擦りキズ等、塗料がはがれた場合、補修ペンを使ってご家庭で補修することもできます。
キズ部分以外にはみ出た塗料はツヤが出てみえますので、布またはティッシュペーパー等で軽く拭きとってください。※お品によっては塗料がのらない場合があります
※ホームセンターさんや家具店さんで販売されています。

【大きなキズなどがついてしまった場合】

メーカー工場での再塗装修理(有償)が必要となります。
※メーカーさんまたはお近くの販売店さんへ相談ください。